観光情報

ホーム >観光情報 >久留米城跡(篠山神社)

  • 観光地検索
  • 特集
  • 観光地おススメコース
  • 観光パンフレット
  • フォトギャラリー
  • 動画情報
  • 観光案内所について

観光地詳細

  • アクセスランキング
  • お気に入りリスト

久留米城跡(篠山神社)

アクセス数 30527 回
二次元コード

自然公園 お気に入りに追加

所在地 〒830-0021  久留米市篠山町444
利用可能時間 開花時期 3月下旬~4月上旬
アクセス JR/西鉄「久留米駅」より西鉄バス(3・6・8・9・24・52)番利用「大学病院」下車、徒歩3分
九州自動車道「久留米I.C」より車で約20分 地図
エリア名 中央部   
ジャンル 花 (自然・花)  文化財・史蹟 (名所・旧跡)  神社・仏閣 (名所・旧跡)   
お問い合わせ 有馬記念館 
Tel:0942-39-8485
イベント
施設説明

江戸時代の久留米藩、約250年間を治めた有馬氏の居城跡で、その昔は笹原城の名で呼ばれていました。今は平山城づくりの本丸跡が残され、見事な石垣や正面側の内濠に往時の雄姿をしのぶことができます。
 また城内には藩祖豊氏を祀る篠山神社や歴代藩主の武具、工芸品などの有馬家資料を中心とした久留米藩政資料を主に展示する有馬記念館があります。
 久留米城は、筑後川ぞいの小高い山に築かれた平山城で、天正15年、豊臣秀吉の「九州国割」により、毛利秀包が入城しました。これが近世大名の居城としての始まりです。
 慶長6(1601)年、田中吉政が関ヶ原の戦いの功績で毛利家の後をうけ、筑後一国の大名となり、久留米城には二男則政が藩主となりました。
 元和7(1621)年、有馬豊氏が田中家の断絶をうけて筑後五郡の大名となり、久留米城は幕末まで治世の中心となりました。
 豊氏は入国間もなく久留米城の大改修を行いました。毛利・田中代には東面していた大手を南面に作り替え、その前面に二ノ丸・三ノ丸・外郭を南北に配置した連輪式の構造をもつ城を建設しています。
 大まかな範囲を示すと東限は久留米市役所北側付近、この地区に城郭と城下町を区切る外濠が走り、南限は裁判所裏手の森と溝です。
 昭和58年3月19日県指定文化財となっています。

 春には、見事な石垣とお濠の落ち着いたたたずまいに30本の桜が華を添え、小高い城跡一帯が淡い桃色に染まります。

城内の桜…ソメイヨシノ・ヤマザクラ 約30本
開花時期 3月下旬~4月上旬

地図
近辺情報
近くのスポット

このページのトップへ