観光情報

ホーム の中の 案内所ブログ

案内所ブログ

2016年06月29日ブルーベリー狩り

 

 トキpiscesです。

今年は雨が多く晴れ間が少な~い梅雨となりました。

 

小雨模様のそんな午後、遠くからの来客とともにこちらへcar

 

 

 

kari20160625.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 camera25日

 

 

 

  

 

北野町にあるブルーベリーの観光農園です。

広大な敷地での摘み取り食べ放題sign01

入園料を払えばなんと時間無制限lovely 

貸し切りバスでの来園も多く、今は観光名所のひとつとなっています。

 

雨模様のこの日も、家族連れやカップルなど大勢がみえてました。

shine(雨降りでも、ハウスがあるのでたっぷり楽しめちゃいます)

 

 

 

buru-beri-22016.JPG

kagomaru2016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

今年の実のつきは上々だそうで、大粒のブルーベりーがいっぱいheart04

小さな女の子たちのカゴの中はまだ少~しでした。

そりゃぁ、くちの中に入れるほうが先ですものねwink

 

 

 

sofutokuri-mu2016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

摘み取りはもちろんだけど、もうひとつのお目当てがこのソフトクリーム

たっぷりのブルーベリーが入っていてもう大満足ですhappy02

 

他にもその場でいただけるこだわりのスイーツがいろいろあるし、お土産もジャムやワイン

ジュースなどなど充実、買い物も楽しめますよ。

フレッシュなブルーベリーを味わいに、北野町へ行かれてみませんか。

 

観光農園の詳細:http://www.kurume-hotomeki.jp/event/?mode=detail&id=400000000804&isSpot=&isEvent=1

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年06月28日筑後川

てらっちnotesです。

 

 

 

 

 

今年の梅雨、 降り方が激しかですよね~bearing

 

水害などの大事にならんようにsign01と、梅雨の合間に水天宮に行ってお参りしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

06262016000.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

upwardright全国総本宮の水天宮。 JR久留米駅、西口より徒歩約10分ですrun 

 

 

参道入口の鳥居から川のほうへ行くと渡し跡downwardleftdownwardright

 

 

 

 

 

 

062620160002.JPG

 062620160003.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筑後川には62もの渡しがあったそうで、そのうちの一つがこの瀬ノ下渡し。

 

昭和56年まで航行していたそうですconfident

 

そのすぐ横を流れているのは九州最大の河川、筑後川downwardleft

 

 

 

 

 

 

 

 

062620160001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(6月26日 camera

 

 

 

昔は洪水、水害が多く発生していたそうで、暴れ川と呼ばれるようになりました。

 

この日は前日までの雨の影響で、水量が多く、濁ってましたが、

 

静かなものでしたよconfident

 

今後も暴れることなく、氾濫することなく、ず~っと穏やかな筑後川でありますようにsign01 と

 

筑後川にも手を合わせてきましたconfident

 

 

 

*危ないので雨降りの日は 川を見に行ったりしないでくださいねconfident

 

 

 

 

  http://www.kurume-hotomeki.jp/

2016年06月27日石橋美術館の60年をたどる

 

トキpiscesです。

いよいよというか、もうというべきか

石橋美術館としての最後の展覧会が始まります。

その名も 石橋美術館物語sign03 

 

 

石橋美術館の誕生.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1956年の開館以来、久留米市民をはじめ多くの人々を魅了してきた

青木繁、坂本繁二郎、古賀春江など郷土の画家や

国内外の 巨匠達の作品が並びます。

 

会期は 7月2日()~8月28日(

 

 

訪れるたびに心魅かれ、記憶の奥深く刻まれているお気に入りが

いくつもある方は、多いことでしょうconfident

この60年に感謝しつつ、石橋美術館の紡いできた物語にひたりたいものです。

 

 

 

 

 

 

 展覧会の詳細:http://www.ishibashi-museum.gr.jp/exhibitions/d/42

 

 flairJR久留米駅構内、西鉄久留米駅構内の両案内所でも前売券を販売中

   どうぞお立ち寄りください

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   http://www.kurume-hotomeki.jp/


このページのトップへ